酸洗いの仕方

洗浄目的での酸洗い

酸洗いとは、硫酸や塩酸などの酸溶液へ金属製品を浸けて表面の汚れを溶解し除去する工程です。金属製品は加工に際してオイルや溶接による酸化皮膜などの汚れが付着しており、通常の洗浄方法では完全な除去が非常…

下地処理目的での酸洗い

酸洗いは酸の溶液に金属製品などを浸すことで表面のオイルや溶接による被膜汚れなどを取り除く洗浄工程です。通常の洗剤による洗浄では取れない汚れもしっかり除去する事ができ、グラインダーなどで研磨して汚れ…

酸洗いのメリットデメリット

酸洗いのメリットとは?

酸洗いのデメリットとは?

酸洗い以外の表面処理方法

金属加工には欠かせない酸洗い

酸洗いとは、硫酸や塩酸などの酸を使用し、金属を洗浄することです。黒く変色した溶接焼けや錆などを、きれいに除去することができます。

被膜を再形成する目的での酸洗い

金属製品を保護するには酸洗いが効果的

酸洗いは金属製品のサビや汚れを取り除く方法の一つですが、新たな汚れの付着を防ぐための皮膜を作る効果もあります。金属製品のサビは傷が付いた部分が酸化することで発生しますが、皮膜で保護することによって傷が付きにくくなります。また、油脂や薬品などの汚れが付着しても皮膜で保護されていれば軽く拭くだけで除去することが可能です。特に凹凸が多い形状の金属製品はサビや汚れを取り除くのは非常に手間がかかります。そのため、不具合が起こるのを未然に防ぐための皮膜形成が重要になります。酸洗いは細かい凹凸やすき間にも薬剤を浸透させることが出来るので、均一な厚さの皮膜を作ることが可能です。皮膜での保護は金属製品を長持ちさせるだけではなく、洗浄作業の手間を大幅に簡略化出来るメリットもあります。

綺麗な皮膜を作るには入念な酸洗いが不可欠

酸洗いは金属製品を保護する皮膜を作る目的でも行われますが、方法を誤ると綺麗な仕上がりになりません。サビや汚れが残っていると皮膜が破れてしまうので金属製品を保護する効果が無くなります。綺麗に仕上げるにはわずかな汚れも残さないように、洗浄を入念に行うことを心がけます。ネジやちょうつがいなど細かい凹凸が多い部品や狭いすき間は汚れが詰まりやすいので、薬剤を奥まで浸透させるように気を配ります。特に年月が経過して幾つもの層が重なったサビや汚れは一度の洗浄では完全に除去することは困難です。そのため、酸洗いは複数回行うことが重要になります。汚れをすべて洗い流した後は綺麗な皮膜に仕上げるため、薬剤が乾燥するまで金属製品に触れないように注意します。