洗浄目的での酸洗い

酸洗いは加工で出るあらゆる汚れを除去できる

酸洗いとは、硫酸や塩酸などの酸溶液へ金属製品を浸けて表面の汚れを溶解し除去する工程です。金属製品は加工に際してオイルや溶接による酸化皮膜などの汚れが付着しており、通常の洗浄方法では完全な除去が非常に困難です。グラインダーなどの研磨によって除去すると製品表面に傷が付いたり、複雑で脆い形状の場合は加圧によって変形してしまう危険性があります。対して酸洗いはオイルや溶接による酸化皮膜などの一切を溶かして除去するので浸した全体を均一に綺麗に洗浄することができます。また加工したばかりの新しい物に限らず、酸は錆を溶かすことも出来るので、サビの浮いた金属を洗浄することも出来ます。当然この洗浄を行った直後は酸まみれなので水洗いの工程もこの後にありますが、汚れは基本的にこの酸洗いの段階ですべて製品から溶かして剥がされています。

酸洗いのメリットや注意点

酸洗いで金属製品が洗浄する事には多くの必要性やメリットがあります。通常金属製品の多くは塗装されて出荷される事になりますが、塗装前に汚れが付着していると汚れによって塗料が製品から浮いてしまい、剥がれやすくなってしまいます。そこを酸洗いで細かな所まで汚れやオイルを除去することで塗料と製品の金属面との隙間を最大限無くして密着させ、剥がれにくく長持ちしやすい製品にすることができます。またステンレス製品を錆びない状態にするためには表面に不動態皮膜を張らせる必要があり、本来これはステンレスに含まれるクロムと酸素が反応して酸化することで形成されます。しかし汚れが付いて上手く酸化が出来ないとその被膜もムラが出来てしまい上手く機能しません。そこで酸洗いで表面を均一に洗浄することで、均一な酸化による不動態皮膜の形成ができ、被膜に守られた錆びないステンレスを実現することができます。

リン酸処理は歯のエナメル質に凹凸を形成して、詰め物の接着効果を向上させる効果があります。また、歯の象牙質に対しては水分が除去されてコラーゲン繊維が露出する作用が生じるので、レジンが深く浸透します。