酸洗い以外の表面処理方法

酸洗いのデメリットや得られない効果について

酸洗いは金属製品の洗浄や表面に皮膜を作るなどの効果があります。しかし、酸洗いに使う薬剤は刺激が強いため、場合によっては却って傷みを促進させるおそれがあります。また、材質によっては酸性の薬剤が使えない物もあるので注意が必要です。作業後に生じる廃液の処理が困難であることを理由に酸洗いが出来ないケースもあるので、金属製品の洗浄を行う際は実施出来る方法の確認が不可欠です。酸洗いはサビや汚れを洗浄出来ることから広く普及している方法ですが、光沢を持たせたりキズ取りの効果はありません。また、金属製品の成形時に発生するバリの除去も酸洗いでは良い効果を得ることは困難です。バリを綺麗に取り除くには酸洗い以外の方法を実施する必要があります。

金属製品の表面を滑らかに処理する方法

金属製品の表面を滑らかにする方法は酸洗い以外に電解研磨やバフ研磨、化学研磨など複数の方法があります。いずれの方法も長所と短所がありますが、酸洗いでは良い効果が得られない事柄に対して最適な対処法である点は共通しています。電解研磨は対象の金属製品を専用の電解溶液に沈めて電気を流し、表面を滑らかにする処理方法です。物理的な研磨では無いので溶液に浸っている部分は均一に処理され、非常に滑らかに仕上がるのが特徴です。化学研磨は特殊な溶液を使って金属製品の表面に化学反応を起こします。電解研磨と手順が似ていますが、コストが安く微小な部品の処理に最適なのが化学研磨のメリットです。バフ研磨は布製のヤスリを高速で回転させて金属製品を削るので、他の処理方法と比べると手間がかかる欠点があります。しかし、表面に光沢を持たせると共に、バリや傷を削り取るのはバフ研磨が最適な方法です。

酸洗とは、化学洗浄処理方法の一つです。熱処理された金属製品の表面から、スケールと呼ばれる酸化被膜やサビ等を、酸性溶液に漬けることで取り除くことを言います。