下地処理目的での酸洗い

酸洗いの工程とメリット

酸洗いは酸の溶液に金属製品などを浸すことで表面のオイルや溶接による被膜汚れなどを取り除く洗浄工程です。通常の洗剤による洗浄では取れない汚れもしっかり除去する事ができ、グラインダーなどで研磨して汚れを削り取る場合などとも違い、製品が変形する心配もありません。また大きな力が加わらないため変形しやすい細工物などを洗浄することにも向いています。溶液に製品を浸けるだけなので工程が非常に簡潔で、容器やクレーンがあれば、その他の精密機械などが必要ないため、低いコストで運用できる強みもあります。ただし細かな隙間の酸溶液などが洗い流せず残ってしまうと時間を経て染み出し汚れとなってしまうこともあるため、酸洗い後の水での洗い流しは徹底して行う必要があります。

酸洗いによる下地処理で製品の寿命が伸びる

製品の表面には加工の過程においてオイルや溶接時の酸化皮膜などの汚れが付着し、このまま塗料などを塗ってもしっかり固着できず、剥がれやすい状態になってしまいます。酸洗いによってこれらの細かい汚れなどを綺麗に取り除くことによって塗料が直接金属面と密着し、剥がれにくくなるので製品がより腐食しづらく長持ちするようになります。またステンレス製品の場合、含まれるクロムが空気と反応して酸化皮膜を形成することで保護され、それによって錆びなくなるという特徴を持っています。汚れなどが付着している状態だとこの酸化が上手く行われないため、酸洗いによって表面の汚れを一斉に除去し、表面全体にまんべんなく酸化皮膜を張らせることが出来ます。

金属表面処理は薬品洗浄やヤスリによる研磨など方法は様々ですが、いずれも金属製品の劣化を防ぐ目的で行われます。汚れやサビを放置するとそこから急速に劣化が進むので、除去することで品質の保持を図ります。