酸洗いのデメリットとは?

発生する廃液の処理に手間がかかる

酸洗いは金属製品の効果的な洗浄や傷を防ぐ皮膜の形成などのメリットがあります。金属製品を長持ちさせるには不可欠の作業ですが、その一方で発生した廃液の処理に手間がかかるのがデメリットです。酸洗いに使用する薬剤の多くは有害な成分を含んでいるので、そのまま廃棄すると重大な環境破壊に繋がります。また、人体にも悪影響をもたらすので、廃液は安全を確保しながら慎重に処理しなければいけません。処理用の設備を持っていない場合は廃液処理を行う業者に依頼する必要が生じます。作業に要する費用の他、廃液の運搬にもコストがかかることから金銭面での負担が大きくなってしまいます。そのため、酸洗いを行う際は廃液の処理も考慮する姿勢が重要です。

酸洗いでは解決出来ない不具合と薬剤の管理について

金属製品の表面に生じた不具合を解消するには酸洗いが最適なイメージがありますが、必ずしもすべての不具合に適しているわけではありません。酸洗いはサビや汚れ、溶接部分の焼けといった表面に付着している異物を溶解させるのに便利ですが、それ以外の不具合には殆ど効果が無いので注意が必要です。特に金属製品に生じた傷は酸洗いでは消すことは出来ない他、光沢を出すにも不向きです。酸洗いは金属製品の汚れを落とし、傷や汚れの発生を防ぐ皮膜を作るのに役立ちます。しかし、傷んだ部分を削り取ったり成形時に生じたバリの除去には向いていません。酸洗い用の薬剤は刺激が強く、人体に有害な成分が含まれていることから容易に扱うことが出来ません。それぞれの薬剤の性質に合わせた豊富で厳重に管理する必要があります。